身体を作るのは食事!身体に良いものを適量食べて健康になろう!

身体を作るのは食事!身体に良いものを適量食べて健康になろう!

現代人に最も多い病気の生活習慣病は、運動不足、生活習慣の乱れ、過度のストレスの他に、不規則で偏った食生活が関係しています。
人間の身体を作っているのは食べ物ですから、その食べ物の影響で、太ることも、健康になることも、美肌になることもできますよね!
そのため、「空腹感が満たされればなんでも良いや」という考えの人は、考え方を改めた方が良いかもしれませんね!
ここでは、そんな食生活の重要さについてまとめていますので、参考にしてみてください!
 
栄養分をバランス良く摂ろう!
「栄養をバランス良く摂る」ということが健康に良いということは、既に誰もが承知のことでしょう。
誰もが知っていることなのですが、これがとっても難しいことなんですよね。
しかし、毎日完璧に栄養たっぷりの食事をバランス良く摂ることはできなくても、ちょっとしたことを意識するだけでも健康面でかなり変わってくるものなので、これから紹介することを意識して是非やってみてください!
 
<塩分・糖分・脂肪分の摂りすぎに注意!>
どんな栄養分も摂り過ぎは健康に良くないですが、特に塩分や糖分、脂肪分は、摂り過ぎると身体に悪影響を及ぼします。
塩分の摂り過ぎは、血圧を上昇させたり、むくみを引き起こします。
また、糖分を摂り過ぎると気分が落ち込んだり、記憶力の低下に繋がりますし、脂肪分の摂り過ぎは、血液中のコレステロールを増やし、
動脈硬化などの重い病気の原因にもなります。
塩分、糖分、脂肪分が多く含まれるものの代表的なものとしてお菓子や清涼飲料水などがありますが、
これらを日常的に食べてしまっている人は、控えることによって健康面や美容面に効果が現れるでしょう。
 
<食物繊維を摂ることを意識しよう!>
近年、健康ブームがきていることもあり、食物繊維の重要さについて以前よりは意識する人が増えていますが、平均的に見るとまだまだ摂取量は少ない方です。
一般的に、食物繊維が多く含まれている代表的な食べ物は野菜が挙げられますが、野菜は、1日に350g摂ることが推奨されています。
しかし、350gという量はかなりの量があるため、摂取できていない人が多いのが現状です。
食物繊維は、コレステロール値を下げたり身体の毒素を排出させたりする働きがあるため、積極的に取り入れた方が健康面や美容面で確実に良いのです。
食物繊維は、野菜だけに留まらず、海藻類やキノコ類、大豆製品、フルーツなどにも多く含まれていますので、
野菜が苦手な人はこれらの食品で取り入れると良いですよ!
 
<腹八分目を意識して食べよう!>
何ごともやり過ぎはよくありません。
食事において最も健康に良い量は、腹八分目です。
食べることが好きな人は、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるかもしれませんが、食べ過ぎてしまうと、
カロリーの摂り過ぎで消費しきれず、身体に脂肪を溜めこんでしまいますし、糖尿病などの生活習慣病のリスクも高めてしまいます。
たくさん食べたい場合は、よく噛むように意識して、早食いをやめるようにしましょうね。
 
<「抜く」ダイエットはしない!>
現代人は、太っている・痩せているに非常に敏感になっていて、世の中にはダイエット情報が溢れています。
運動をするダイエットであれば健康的に良いのですが、「炭水化物抜きダイエット」や、
「朝食抜きダイエット」などの、通常必要なものを「抜く」ダイエットは、かえって太ってしまう原因になります。
一時的に痩せたとしても、筋肉が落ちているだけなので、多くの場合リバウンドしてしまいます。
健康的に痩せられるダイエットはやはり運動なので、食事や栄養素を抜くことはやめましょう!

冬虫夏草

冬虫夏草 サプリメント